歯のホワイトニング

ホワイトニング

肌だけでなく歯のホワイトニングも肌を白く見せる効果があるのでお勧めです。

 

歯は生まれつきのエナメル質の厚みによって、透けて見えるような色の人もいますし、真っ白な人もいます。

 

また、永久歯に生え変わる時期に、強い抗生物質などを受けた影響で、黄色い歯になる場合もあるようです。

 

幼いころからぜんそくで、ぜんそくの発作の薬を使っていた人は、歯が白くない人が多いように思います。

 

歯自体が黄色い歯の体質の人もいるようです。

 

ですから、もともと生えている歯が白くない場合は、歯の色素沈着を落とすホワイトニング剤などを塗って漂白するというのは困難です。

 

しかし、どんな人でも、日々歯磨きでは落とせない色素沈着で、歯が汚れていきますから、大人であれば、わほぃと人具の効果は見込めるはずです。

 

歯科医でもやっていますし、今は自宅でできるホームホワイトニング商品も出ていますので、自宅ホワイトニングも人気です。

 

もう一つの方法として、歯にマニキュアを塗るという方法があります。見れならばもともと歯が黄色い人、エナメル質が薄く中の象牙質の色が見えている人などにもホワイトニング効果はありますね。

 

ただし、これは一日ぐらいしか持たないので、本の一時しのぎにしか過ぎないので、結婚式とか晴れの舞台のための方法でしょう。

 

長く持たせる方法としては、歯を表面だけ削って、表面にセラミックのシェルを貼りつけるという方法があります。

 

この方法であれば、基本的に永続的に持ちます。

 

ただし、歯を削るということで、健康な歯にダメージを与えるので、長いるでみてちょっと心配になります。