美容健康老化対策は家族のために

ワキの臭いを予防する方法について

わきが,ワキガ,臭い,多汗症,アクアポリス

ワキの臭いの原因は、汗であるわけですが、実はあせだけが原因ではありません。

 

汗を分解する細菌が発生させる臭いが、あの嫌なわきがの原因なのです。

 

つまり、そのどちらかが無ければ、臭いも発生しないわけです。

 

また、日との汗腺には副詞数の種類があることが知られています。

 

脇の下に存在しているのは、エクリン汗腺、アポクリン汗腺、皮脂腺の3つの腺です。

 

エクリン汗腺からの汗はいわいる汗臭さを感じさせるあせで、わきがそのものとは違います。

 

アポクリン汗腺と言われる腺から出る汗は、脂肪、鉄分、色素、蛍光物質、アンモニアなどが主な分泌物です。

 

汗ジミができる原因は、このアポクリン汗腺の色素によるものだそうです。

 

そしてこの汗こそが、細菌の大好物であり分解された後の発生物としてワキガと呼ばれる臭いのもとになるのです。

 

ただし、全身に存在している、皮脂腺から出る油脂もこの細菌を増殖させる原因になりますから、ワキガを増長させる原因となっています。

 

体質にょっては、たくさん汗をかく、多汗症と呼ばれる体質の人がいて、びっしょりになる人もいますが、それだけではわきがにはなりません。

 

しかし、わきがびっしょりとすぐ濡れるのは恥ずかしいですし、汗が多ければ、ワキガの発生の確率は高くはなります。

 

多く汗をかいてしまう人は、汗を吸い取る脇汗ぱっとは必要でしょう。

 

ワキの臭いを防ぐ方法としては、汗をでなくすることですが、多汗症の治療として、ボトックスとよばれる注射で汗が出にくくする方法や、メスで切開して、汗腺をとってしまうという強引な方法もあります。

 

しかし、一般的な方法は、雑菌を抑制することが一番とされています。

 

わきに塗って汗そのものを抑えるというものもありますが、菌を抑制するタイプのクリームなどを塗りつける方法が臭いの発生を抑えるにはいいと思います。