口臭の原因と予防について

口臭の原因とその予防対策について

口臭,対策,予防,歯周病菌

口臭は一番自分では気づきにくいものだと思います。

 

これは年齢にも、性別にも関係なく原因があれば必ず口臭発生するものですから、自分にも当然あるものと思って対策することが必要だと思います。

 

他人の口臭になっていても自分のものは他人に嫌がれていることさえ知らないという人が多いと思います。

 

気にしている人は、いろいろな対策をすでにしているものと思いますが、口臭にはいろいろな原因があり、行っている口臭予防対策が、自分の口臭の原因解決につながっていなければ、効果はないでしょう。

 

体の不調で、食道以下の体の内部、肺や胃から出ている場合もあるそうです。

 

このような原因の場合は、どうしようもないので、まずは健康になる事が必要ですね。

 

最近は癌の人は、特別な臭気を発しているそうで、犬はそれを嗅ぎとれる嗅覚があるそうです。

 

病気の口臭は別としまして、一番多いのはやはり歯周病菌によるものだそうです。

 

自分の歯周病菌の臭いを確かめたかったら、舌を脱脂綿でふき取って、臭いを嗅いでみるといいでしょう。

 

歯周病菌の出す毒素は、どぶ臭いにおいがするはずです。

 

これは舌を相似すれば臭気はだいぶ減りますが、一時的な効果しかなく、歯茎のポケットに潜む始終業金はすぐにまた下にまで繁殖します。

 

歯周病菌は、まず100%出れにでも存在し、ゼロにすることはできませんから、少しでも減らし、過剰に発生させないことが重要です。

 

歯周病菌は酸素に弱いので、歯と歯茎の間にたまる歯垢の中に隠れどんどん潜っていきます。

 

ですから、最大の予防方法は、歯垢を貯めないことが重要になるという事になります。

 

やはり重要なのは、毎日の歯磨き、それも正しい歯磨き方法を知っていることが大切です。

 

歯間ブラシで相似したから、ブラッシングするのが一番効果的です。

 

またどうしても歯並びなどで、磨き残しがでてしまいますので、3か月に一度、歯科医でケアしてもらうことがいいでしょう。

 

歯磨きが苦手な人は、音波歯ブラシなどが時間がなくてもきれいになるのでお勧めです。