カラコンはゃっパリ魅力的だよね

目を傷める可能性が、しない方がいいのは分かっている・・・だけれど、カラコンの効果は捨てられない。

 

きっとそういう人はおおいでしょうね。

 

瞳が大きくなると、どうして人は、みりょくを感じてしまうのでしょうかね。

 

目の印象って本当に他人に与える印象がかわります。

 

瞳がうるうる、きらきら、大きくしていたら、キュンとしてしまう人はおおいでしょう。

 

おんなのこだったら、どうしたってこの効果は捨てたくなくなります。

 

人気のカラコンは、おそらくもっとこれから広まると思います。

実際に、30歳代の女性でもつけるようになってきていますから、

 

もはや10代の女の子限定のファッションアイテムではなくなってきていますしね。

 

幸い、製造や販売にも規制ができて、より安全性の高いものが販売されるようになっています。

 

ただ、もちろん使う側の問題がおおきいので、

 

カラコンの使用に関する知識と、手入れは絶対横着せずに、カラコンを使う誰もが使用すべきでしょう。

 

できれば、使い捨てカラコンが一番リスクが低いので、ワンデータイプを利用すべきだと思います。

 

カラコン選びはTPO大事

 

色が派手すぎるカラコンや、縁がはっきりしすぎているカラコンはばれやすいので、職場や学校には不向きなのです。

 

また色は、ブラウンが一番自然です。

 

もともと瞳が真っ黒な人もいますけれどね。

 

またドットも細かいでデザインインになっている方が、瞳になじんで自然にみえます。

 

あまりくっきりしたものは、魅力的だけれど、カラコン帳る可能性も高くなりますよ。

 

まっカラコン自体なじみの薄い、中高年の男性にはばれないと思いますけれどね。