運動が死亡リスクを大幅に下げる

運動することで糖尿病が原因の死亡リスクは半分になる

糖尿病,健康,死亡リスク

糖尿病には運動療法やカロリー制限方法、糖質制限方法などいろいろな改善方法があります。

そのなかで運動療法について、厚生省の研究班が運動と糖尿病での死亡リスクについての発表をしました。

 

日常から運動に取り組んでいる、糖尿病の患者は、ほとんど運動をしていない人に比べて、死亡する人が半分になる事が調査によって明らかになったそうです。
生活習慣病であるU型糖尿病の40歳代から70歳代の700人ぐらいを8年間追跡調査したそうです。

 

この人たちを、3つのグループ、運動量が多い人、少ない人、その間に入る中程度の人にわけ、脳卒中の発症と、死亡など、糖尿病が原因で引きおこされる死亡リスクについて調べた結果です。

 

運動量が多い人たちは少ない人たちに比べて、脳卒中を引き起こす危険性が6割程度にとどまり、その他合併症などの成人病で死亡するリスクも、半分程度にとどまっていたそうです。
カロリー制限だけでなく、運動することが、血糖値や血圧の改善にもとても役立っている可能性が高いということでしょう。

 

もち運動さえすれば、カロリーを摂りすぎてもいいというわけではないと思いますので、あくまで、カロリー制限プラス運動ではないかと思います。