白い肌にするための対策

美白肌にするための原因や対策について

美白,肌,美肌,しみ,くすみ

赤ちゃんのような白く透き通る肌は無理としても、年々増えていく、シミ、くすみ、色素沈着を何とかしたいと誰もが思っていますね。

 

最近は男性でさえも肌の美容について関心を持つ人が出てきているようです。

 

肌の色を決めているのは、メラニン色素の量であることが分かっています。

 

主に、太陽光線から肌を守るために、日差しの強いところに移動した人類ほど、色がつくように発達したわけで、もともとは、人を守るための色であるわけです。

 

その点で、真っ白い肌の人よりも、黄色人種は、皮膚がんに強いというメリットもありますね。

 

ただ、メラニン色素が周囲と違った濃さになることで、シミ、ソバカスと呼ばれる、そこだけ目立つ色になってしまうのは、やっぱり嫌なわけです。

 

通常は、紫外線から肌を守るために、メラノサイトという表皮基底層にある細胞が、メラニンを生成しても、作られたメラニンは、新陳代謝によって排出されていくので、日焼けしても本来はもとに戻るわけですが・・・

 

メラノサイトが何らかの影響で暴走してしまい、メラニンをつくりまくってしまうと、新陳代謝で排出されず残ってしまう部分ができ、それがシミやそばかすになってしまうということが分かっています。

 

これがまだ表面にあるうちはいいのですが、皮膚の下に沈みこんでしまうと、色は浮くなりますが、なかなか取れない肌の色のくすみとなっていつまでも残ってしまいます。

第一の対策は、強い滋賀視線にさらされないようにして、メラノサイトの暴走を防ぐことです。

 

しかし、すでに暴走してできてしまったシミ、そばかすは、紫外線を防ぐだけではもとにもどりません。

 

残ってしまって、排出されない色素を、肌の新陳代謝を促す方法でとる事ができるはずですが、それは加齢とともになかなか困難になるようです。

 

もう一つの方法として、色素の色を還元してしまうという方法があります。

 

そのための成分として、ビタミンCなどがありますが、それを直接肌に塗ったりしても、効果はまずありません。

 

不安定にビタミンCは肌の仲間で簡単に浸透しては繰りませんし、すぐに壊れてしまうからです。

 

その解決方法として、ビタミンC誘導体ものが考え出されて、壊れにくくして、皮膚内部への浸透性を高めたものが産まれました。

 

しかし、実査際に浸透させてもビタミンCとして肌の中で働く確率は低いようで、即効性や劇的な変化は難しいようです。

 

最新の方法として注目されているのは、メラニン色素抑制と、還元作用が期待できる物質として、ハイドロキノンというものが注目されています。

 

ただし、安定性や肌絵の刺激性から、あまり安全ではないようで、皮膚科などで、シミ治療に使われている程度にとどまっているようです。

 

つい最近、美白カネボウの美白化粧品が、白斑を作るという衝撃的なニュースが飛び込んできましたね。

 

私は、ドクターズコスメとうたわれる、皮膚科医が作ったブランドアンプルールの美白セットを利用しています。